ペットホテルのご利用について

当院のお預かり施設は治療・入院優先です。

患者様の増加によりスペースの確保が困難となる場合がございますので、余裕がある場合のみお預かりいたします。

2022年6月1日から動物愛護法が改正されました。

スペース確保の問題から、大型犬のお預かりができなくなりました。

また、動物種を問わず期間が1週間を超える宿泊の場合においても

お預かりの基準を満たすことが出来ないため、お預かりは6日までとなります。

(詳細は下記に記載します。)

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承ください。

動物愛護法改正後のお預かり基準について

動物愛護法により、お預かりスペースの大きさが以下のように定められました。

犬:タテ(体長の2倍)×ヨコ(体長の1、5倍)×高さ(体高の2倍) 

:タテ(体長の2倍)×ヨコ(体長の1、5倍)×高さ(体高の3倍)

当院の一番大きなお部屋でも基準を満たすことができないため、

お預かりは中型犬までとさせていただきます。

1週間以上のお預かりの場合は、上記のケージサイズの数倍の広さの運動スペースで

3時間の自由運動を確保しなければなりませんが、当院ではこの基準を満たすことができないため、

宿泊上限は6日までとなります。

​⚠ご注意ください

お預かりは当院の患者様に限ります。

ノミダニ予防と、一年以内のワクチン接種が必要です。

夜間はスタッフが不在となることをご理解ください。